覇王の業リセマラガチャ当たり最強キャラランキング!序盤攻略についてもご紹介!

覇王の業~波乱なる三国志~のリセマラ情報と序盤攻略についてご紹介しています。

 

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!

 

覇王の業リセマラガチャ当たり最強キャラランキング!序盤攻略についてもご紹介

覇王の業リセマラガチャ当たり最強キャラランキング!序盤攻略についてもご紹介!

覇王の業~波乱なる三国志~(以降:覇王の業)は三国志の人物が登場するストラテジーゲームです。

広大な地図はなんと255万マス! ド迫力、超リアルな進軍で三国志の世界に進軍しましょう!

本記事では覇王の業リセマラガチャ当たり最強キャラランキング!序盤攻略についてもご紹介していきます!

覇王の業◆リアルな三国志の戦場!

覇王の業◆リアルな三国志の戦場!

覇王の業は漢王朝の領土を都市や地形などが細やかに再現された本格・迫力のバトルが楽しめます。

ユーザーは主城を築く領地を選び、名だたる三国武将を従えて戦乱に飛び込んでいくことになります。

圧巻のバトルが楽しめる外政パート地盤をしっかり築いていく内政パートをバランスよくこなしていきましょう!

覇王の業◆リセマラはサーバー変更でしよう!

覇王の業◆リセマラはサーバー変更でしよう!

覇王の業のリセマラはサーバー選択で行えます。

ログイン画面の【切替】をタップするとサーバー一覧が表示されますから、好きなサーバーを選んでいきましょう。

覇王の業は満員のサーバーにはログインできませんから、推奨、または新サーバーでスタートしていくことになります。

新サーバー開設記念イベントなどは確認できませんでしたので、推奨・新サーバーどちらを選ぶかはお好みでOKです。

完全初心者からスタートするのであれば、ユーザー間の差が少ない新サーバーを選んでいきましょう。

覇王の業◆リセマラの方法とは?

覇王の業◆リセマラの手順

  1. サーバー選択
  2. チュートリアル開始(王越入手)
  3. チュートリアルガチャ(楽進固定)
  4. チュートリアル終了(張燕入手)
  5. 各種アイテムを回収する
  6. ホーム右下【召募】→【英才召募】を回す
  7. 結果次第で1へ※チュートリアル後にアイテム変換し消失します(キャンセル可)

ログイン画面へはホーム右下の上矢印で各種システム表示【設定】【ログインに戻る】でサクっと戻れますから、わざわざアプリ終了する手間はありません。

2021年5月時点で事前登録キャンペーン等は終了していますので、序盤にもらえるアイテムは少なめになっています。

序盤に回せる英才召募の回数は時期によって異なりますが、無料分が1回、【金餅】で2、3回程度と考えておきましょう。

覇王の業◆リセマラ当たり最強キャラランキング!

覇王の業◆リセマラ当たり最強キャラランキング!

覇王の業の武将の品質(レアリティ)は緑>青>紫>橙橙が最高品質です。

排出率
橙武将6.5%
紫武将27.5%
青武将66%

橙武将は戦闘以外でも必要になること、リセマラで回せる回数が少ないことから「橙武将がたら大当たり」と考えてOKです。

覇王の業◆1位 劉備

覇王の業◆1位 劉備

覇王の業の劉備はサポート、ヒーラータイプの中でも汎用性が高く、ステータスもバランスが取れている武将です。

戦闘開始から戦闘終了まで6秒ごとに回復し、オーバーヒール分を盾に転換するので味方全体が打たれ強くなります。

さらに会心回避率がアップ、盾持続期間中は50%の確率で妨害を無効かするなどサポーターとしても優秀です。

覇王の業◆2位 周瑜

覇王の業◆2位 周瑜

覇王の業の周瑜は知力アタッカーとしておすすめで、三国志ゲームではお約束の火傷攻撃が得意の武将になっています。

知力ダメージ+敵が火傷状態であれば与ダメが2倍、それ以外では40%の確率で火傷状態を付与し継続ダメージが稼げます。

火傷の継続ダメージは周瑜得意の知力依存ですからダメージソースとしても有効です。

覇王の業◆3位 張梁

覇王の業◆3位 張梁

覇王の業の張梁は回避&カウンターの鬼のような武将といっていいでしょう。

戦闘中は張梁の回避率がアップし、回避するたびに統率の低い敵を攻撃してくれるので確実に敵を倒すのに向いている武将です。

また戦闘開始から一定時間経過すると敵全体に武力攻撃を仕掛け、確率で命中力を下げてくれるので攻守ともに優れたバランスアタッカーになっています。

覇王の業◆4位 呂布()

覇王の業◆4位 呂布(群)

覇王の業の呂布は群陣営漢陣営2バージョンが実装されており、呂布(群)は弓兵となっています。

攻撃範囲の広い弓兵のアドバンテージを生かし、呂布から最も遠い2部隊にシールド無視+ダメージ軽減の武力ダメージを与えます。

群陣営の主軸としてはもちろん、漢陣営に編成したりなど弓兵アタッカーとして汎用性が高いのもおすすめポイントです。

覇王の業◆5位 呂布()

覇王の業◆5位 呂布(漢)

覇王の業の漢陣営に所属している呂布(漢)は騎兵となっており、呂布(群)とは全く違うタイプの武将です。

騎兵の呂布は単体の敵に強く、相手よりも呂布(漢)の武力が高いと与ダメが2倍となり「これぞ武勇の呂布!」というような性能になっています。

騎兵呂布、弓兵呂布どちらも優秀で汎用性も高いのですが、20215月時点で漢軍の橙、紫武将の合計人数が4陣営で最も少ないため、陣営ボーナスにはあまり期待できません。

覇王の業◆ガチャの種類

覇王の業◆ガチャの種類

覇王の業のガチャは内政のレベルによって解放されるものも多く、ゲーム開始直後に解禁されているのは【英才召募】【人材召募】2つです。(※イベントガチャを除く)

英才召募
覇王の業◆英才召募
  • 金餅消費
  • 時間経過で無料有り
  • 排出品質は、紫、青
  • 5回ごとに紫以上確定有り
人材召募
覇王の業◆人材召募
  • 五銖銭消費
  • 時間経過で無料無し
  • 排出品質は紫、青、緑

人材召募では排出されない紫武将もいますから、リセマラでは英才召募を回していきましょう。

覇王の業◆リセマラ推奨度は低め

覇王の業◆リセマラ推奨度は低め

覇王の業のリセマラ自体は有効なので可能なら走っていきたいのですが、ガチャを引ける回数が少ないため効率はあまりよくありません。

リセマラできるサーバーにも限りがありますから、ある程度妥協しながらリセマラするのが吉でしょうか。

覇王の業のような戦略的なストラテジーは、今ある手持ちから相性のいい組み合わせを探るのも面白いところの一つです。

よほどのこだわりがない限り、素直にゲームを進めていきましょう!

覇王の業◆序盤攻略のポイントは?

覇王の業◆序盤攻略

覇王の業の序盤は【任務】に従って進行していきましょう。

特にメイン任務は覇王の業の基本が詰まっているので、覇王の業のようなシステムやストラテジーに慣れていない人はゲームの流れをチェックしながら進めてみてください。

武将や陣営については以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

関連記事
覇王の業◆武将のレベル上げ・強化方法・育成優先度について覇王の業◆部隊編成のコツ・武将や組み合わせ・相性について
武将のレベル上げ・強化方法・育成優先度について部隊編成のコツ・武将や組み合わせ・相性について

覇王の業◆勢力値に注意しよう

覇王の業◆勢力値に注意しよう

覇王の業の序盤に注意したいのは、勢力値が100以下かつ3時間ログインしなかった場合、「安全を確保するため」として拠点地を自動移動させられてしまう点です。

主城を移動させられてしまうと、それまで確保していた領地を失ってしまうので注意しましょう。

勢力値は領地を占領すると増えていきますから、序盤は勢力値を意識しながら領地を拡大していってください。

覇王の業◆同盟に参加しよう!

覇王の業◆同盟に参加しよう!

覇王の業は団体戦のシステムになっていますから序盤からしっかり同盟に参加していきましょう。

一定以上の大殿レベルが加入条件になっている同盟もありますから、加入可能な同盟を探してみてください。

自分で同盟を設立することもできますが金餅を500個消費しますので、覇王の業を始めてすぐに設立するのはおすすめしません。

覇王の業◆リセマラ最強キャラと序盤攻略のまとめ

覇王の業◆リセマラ最強キャラと序盤攻略のまとめ

覇王の業は無~微課金ユーザーでも遊びやすく、初心者にもやさしいシステムになっています。

あまりリセマラにこだわりすぎず、内政・外政をこなしつつじっくり武将を育成していきましょう!

 

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事