ピコットタウンのキャラクター一覧!最強当たりランキングも発表!
ピコットタウン -まちづくりシミュレーションのダウンロードはこちら♪

ピコットタウン

ピコットタウン 無料

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!

 

『ピコットタウン』の攻略について

ポリゴン風イラストで描かれた可愛いらしいキャラクターとカラフルな街並みが特徴の、まちづくりシミュレーションゲーム「ピコットタウン」。

プレイヤーは城主となり、廃墟となってしまった街の復興を目指します。

全体的にほのぼのとしたカジュアルな雰囲気ではありますが、放置系というよりはがっつりプレイできるタイプのゲームとなっています。

ピコットタウン オープニング

ピコットタウンには個性豊かな住民がたくさん登場します。

彼らは見た目の個性だけでなく、それぞれが様々なスキルを持っており、きっと街の復興に役立つ大きな力となってくれるでしょう。

ただし、住民の大半はガチャの要素で入手することになります。

狙ったスキルを持った住民が仲間になってくれるかどうかは運次第というわけですね。

ピコットタウン ガチャ画面

住民にはランクレアリティなどといった要素もあるため、少し複雑なようにも感じます。

適材適所に住民を活躍させ、街を効率よく発展させるために、今回はどういったキャラクターがどういった場面で有効なのかをご紹介します。

ピコットタウン 住民獲得

『ピコットタウン』のキャラクター(住民)一覧

ピコットタウンの住民は大きく分けて「探検」「生産」の2種類のタイプに分かれています。

そして、その2種類のタイプの中からさらに細かい職業に枝分かれしていきます。

探検タイプには「騎士」「傭兵」「魔法使い」の職業が存在します。

ピコットタウン 探検タイプ

生産タイプには「パティシエ」「シェフ」「商人」「デザイナー」「農夫」「鉱夫」「鍛冶職人」「漁師」が存在します。

ピコットタウン 生産タイプ

現在街にいる住民を確認したい時は、訓練所一覧と詳細を見る事ができます。

ピコットタウン 訓練所の修理

訓練所はレベルが8になると修理できるようになる施設です。

住民を強化することも、この訓練所で行えます。

なにかとお世話になることも多い施設ですので、使い方を覚えておきましょう。

同じ名前のキャラクターでも違いがある

住民には一人ひとりにランクレアリティスキルといった要素があります。

ピコットタウン 訓練所

ランクやレアリティが高い住民能力値が高く設定されており、当然、能力値の高い住民は、町の発展にも大きく貢献してくれます。

では、どの住民が最強なのかが気になるところですよね。

……が、厳密な意味で言えば、本作に最強キャラクターという考え方はあまり持ち込まないほうが良いのかもしれません。

何故なのかと言えば、以下の画像を見ていただくとわかりやすいでしょう。

ピコットタウン ナイチンゲール4

ピコットタウン ナイチンゲール3

この2枚の画像は、どちらも魔法使い・ナイチンゲールのステータスです。

二体とも同じレアリティの、また、同じ名前のキャラクターではありますが、ランクを表す★の数が違い、またスキルの内容も違っています。

冒頭で、このゲームでの主な住民の入手方法はガチャ要素だというお話を少ししましたが、実はそのガチャで名前や見た目はまったく同じでも、能力が違うキャラクターが排出される可能性があるのです。

これは特定のキャラやレアリティの問題ではなく、以下のようなパターンも存在します。

ピコットタウン アフロディーテ6

ピコットタウン アフロディーテ2

どちらもレアリティがレジェンドのアフロディーテですが、スキルや能力値は大きく違っています。

このように、同じキャラクターであっても詳細が異なる場合がありますので、「この住民が最強」といったようなことは言えません。

住民の個性を最大に活かすためにも、新しい住民を迎え入れたときは、まずそのステータスを確認し、特徴をしっかり把握したほうが良いでしょう。

適任者を選ぶ

このゲームでは手に入れた住民に施設や探検を任せながら、街を発展させていきます。

個性豊かな住民達には向き不向きがありますので、それぞれに適した仕事を与えてやることで最大限の効率を発揮します。

ピコットタウン スタッフ任命

では、効率の良い攻略のためには、どういった基準から住民を選んでいけばいいのでしょうか。

ポイントとなるのは、その住民が持っているスキルです。

まずは以下の3つの画像を見比べてみてください。

ピコットタウン ベイカー

ピコットタウン ブレッドミル

ピコットタウン ハーディ

ベイカーブレッドミルハーディの3人は、どれもレア属性職業がパティシエの住民です。

しかし、ベイカーはランクが★6なのに対して、ブレッドミルとハーディは★5と、一ランク劣っています。

それだけ見ると、一見ベイカーが一番良い住民に思えるかもしれませんが、ここでスキルにも注目してみてください。

ベイカーとブレッドミルは生産経験値に関するスキルを持ち、その値はやはりベイカーのほうが上です。

ところが、ハーディはそれとは全く異なるスキル、追加生産率を持っています。

ベイカーとブレッドミルを比べるとベイカーの方が優れていると言えますが、ベイカーとハーディを比べるのでは、そもそもの方向性が違うので、自分が求めているのはどちらなのかということが重要になってきます。

つまり経験値を稼ぎたいときはベイカーがもっとも適していますが、少しでも生産物を増やしたいときはハーディのほうが向いているということになります。

生産だけでなく、探検系のスキルでも同様のことが言えます。

住民のランクだけにとらわれず、目的に合わせたスキルを持った住民を上手に選択していきましょう。

スキルを把握しよう

ピコットタウンには様々なスキルが存在します。

たくさんの住民を迎え入れて、どんなスキルがあるのか把握することが、ゲームを円滑にプレイするための要素の一つです。

レアリティの高い住民のほうが良いスキルを持っている可能性は高いですが、それでも以下のようなケースもあります。

ピコットタウン ローズ

ローズはレアリティとしてはノーマルですが、スキルは生産時間の短縮を持っています。

生産時間の短縮スキルというのは、その名前の通り生産物が出来上がるまでの時間が短くなる能力です。

値は%で計算されるため、長い時間がかかる生産物ほどその恩恵を受けることができます。

もし、「少しでも早く素材が欲しい!」という時は、こういったスキルを持っている住民を店に配置するのがベストです。

生産時間を短縮して回転が速くなることで、次々に他の生産物を作ることができるようにもなります。

枠が少ない中で複数の素材をどんどん作りたいというような時にも活躍が期待できますね。

ピコットタウン アグリ

一方、こちらのアグリは先ほどのローズに比べて、レアリティは「レア」で一段階上の住民となっていますが、生産時間の短縮スキルは持っていません。

そのため、少しでも早く生産したいという場合には向いていないのです。

一方で追加生産確率のスキルを持っているため、急いではいないが少しでも多く生産物がほしい、という場合に向いています。

ドラゴンのお使いなどで短時間でできる生産物を沢山必要とする時にはうってつけですね。

今、自分がどういった生産の仕方をしたいのか、そのために適した住民は誰なのか、スキルをよく確認して配置していきましょう。

住民ガチャの結果は、レア度だけに一喜一憂していてはいけません。

自分の街に足りないタイプ・職業は何か、今欲しいスキルは何か、というのはプレイヤー自身のガチャ運やプレイスタイルによって変わってきます。

使えるキャラクターというのは人によっても違うでしょう。

ピコットタウン ヒジル

……とはいえ、傾向として、やはりレアリティの高い住民のほうが良いスキルを複数持っています。

レアリティがレジェンドの住民をゲットすることができたら、いわゆる「当たり」です。

大切にしましょう。

ピコットタウンは動画広告などを利用して、無料でも住民ガチャがどんどん引けるような仕様となっています。

ピコットタウン 酒場

ですので、キャラを引き当てるチャンスには恵まれている方だと思います。

根気よくゲームを続けていけば、もしかするとこれ以上ないほど良スキルを持った住民と出会えるかもしれませんよ。

いつか最高の相棒に出会えるのが楽しみです!

ピコットタウン 酒場

ピコットタウン -まちづくりシミュレーションのダウンロードはこちら♪

ピコットタウン

ピコットタウン
無料
 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事